スマホの画面保護シートの役割

スマートフォンは、「スマホ」と呼ばれて現在多くの人が使用しています。従来の携帯電話との最も大きな違いは、その操作方法にあります。従来の携帯電話の場合、液晶画面と入力キーは分かれていました。ですから、文字などの入力する際には、入力キーを操作する必要がありました。しかし、スマートフォンの場合には、液晶画面に触れて文字などの入力する事になります。ですから、液晶画面が非常に大きくなっているのが特徴です。実際に液晶画面に触れる機会が多くなる為、その分汚れる可能性が高くなります。そこで、活躍するのが画面保護シートです。この保護シートを液晶画面に貼ることで、液晶画面の汚れを防ぐ事が出来ます。また、液晶画面への反射や移り込みをおさえ、画面を見やすくするという効果もあります。 さらに、画面が大きい為斜めから覗きこまれると、表示されている画面が読み取られてしまう可能性もあります。そこで、見る角度によって液晶画面が暗く見える、イラストが見えるなどして覗き見を防止する事が出来るという物もあります。そして、万が一画面が割れてしまった時にその部品が飛び散る事を防いでくれるという事もあります。画面保護シートを貼り付ける際には、事前に画面を清掃するようにします。エアブロアーなどを使用して、表面のゴミやほこりなどを取り除くようにします。シートの位置を合わせ、正確に貼る事が大切です。もし、位置がずれてしまった場合には、マスキングテープをシートに貼り付けると、キレイに剥がし、貼り直す事が出来ます。

スマホに画面保護シートを付ける利点とシートの種類について

スマホのアクセサリーは、ケースやカバーなどからタッチペンやストラップまで様々ありますが、今回は画面保護シート(液晶保護シート)について書いていきたいと思います。この商品には様々なタイプのものがありますが、シートを貼ったときの見え方を決定付けるものとして、ノングレアとグレアという2種類が存在します。これは、液晶モニターなどでも使われる用語ですが、グレアとは眩しさを表す言葉で、このタイプだとより動画や画像が発色良く映すことができ、ノングレアの場合には発色を抑えることで、目の負担を軽減し、長時間の閲覧でも疲労しないという特徴があります。この他にも透過率など見え方を決める基準はいくつか存在します。近年登場した新しい物として、「気泡レス」タイプがあります。これは、シートを画面に貼る際、画面やシートに付着したホコリなどのゴミが原因で気泡ができてしまうことを空気が抜けやすい構造にすることで抑制する商品です。また、シートに傷が付きにくくするために堅い素材や厚みを増した「ハードコート」タイプもあります。こうしたシートを貼る利点としては画面の保護はもちろんですが、スマホはタッチ操作が基本ですので、指紋や手の皮脂などの汚れが付きやすくなります。そうした時に汚れを落とす際、多少乱雑に扱っても良いという点や落とした場合でも画面に傷が付いていなければ、シートを貼りかえるだけで新品同様の状態に戻せるということが挙げられます。画面保護シートには様々な種類があります。目的に合わせて選択してください。

スマホの画面保護シートについて

スマホを利用するときには、ほとんどの場合に画面をスワイプする、つまり擦るなどして動作をさせていくということがあります。一度ずつの力のかかり方は大したことがなく、実際撫でるような触り方で十分機能するのですが、それが何度も続くことになりますから、画面保護シートを付けるなどして画面の保護をしておくことがおすすめです。画面を触る回数は、アプリなどを利用する機会が多ければ多いほど増えるということになります。ゲームなどをしているときならばほぼずっとタッチやスワイプを繰り返すことになりますし、メッセージなどを送る際でも細かく文字を入力する必要が出てきます。ボタンではなく平面の画面を触り、こすり続けるので、細かい傷や汚れなどが目立ってきてしまうということになるのです。そのため、あらかじめ表面を保護できるようにしておくことが有効ですが、このケアを行うのは、使い出す前にしたほうが効果的です。使い始めてからの場合には、ほこりなどがすでに付着していたり、傷の発生などがある場合も考えられますから、画面保護シートを貼っても、その傷などが目立ってしまうことがあるからです。上手な貼り方としてはお風呂などで行うことがお勧めできる方法です。適度に湿度がある場所にすることで、空気中の誇りの可能性を減らし、適切な形で貼りやすくなるからです。購入時のビニルをはがしてすぐに張り替えられるように、すべてを浴室に持ち込んで行うと効果的です。

画面保護シートを貼ろう